20061224_idea.jpg

I finally got the idea for the next short movie that I am now working on.
These last two or three weeks, I was kinda stuck with idea.
Actually I had a one but wasn’t really satisfy me. For three weeks, I had other project to work on besides this idea thing, that was almost suicide.
Today, in the Metro, it came to me abruptly.
(This melting feeling is exactly same as the after constipation, sorry about the expression)
「Technique for Producing Ideas」 is wrote by James Webb Young.
I read this book when I was in a slump in Tokyo. I can consider this manual book as my lifesaver. His logical explanation lead me to produce ideas not look for the source outside.
I will tell this secret because today is Christmas!

出たっ!!!!!!!!! 何がと云うと、進行中のショートムービーのアイデア。
この2~3週間、アイデア便秘。 一度出たんですけど、自己NG出して、ウンウン云う事、3週間。その間もちろんプロダクションも後ろ倒し(=自殺行為)
今日、メトロの中でフッと出ました~。 (何だかとろけそうな感触はまさしく便秘。きちゃなくてスミマセン)
「アイデアのつくり方」これは、1975年 James Webb Young氏(当時、アメリカ最大の広告代理店トムプソン社 常任最高顧問)の書かれたもの。
同じく、東京でスランプだった時、たまたま手にとった本。
結局、アイデアの源泉を外に求めすぎだった自分に、アイデアの構築プロセスを理路整然に紐解いてくれた命の恩人的解説本です。
今日はクリスマスなので、こっそり教えちゃいます~。

6 thoughts on “アイデアの女神 A technique for producing idea

  1. Merry Xmas!!!
    お久しぶりです。
    この本、面白そうですね!
    アイデア、産み出せて、おめでとうございます!
    長い間かかって産んだ子は可愛いものです。

  2. mihoさん
    クリスマス前だったので、夜はリラックスしてお酒を飲めました。
    ホッ。。。

  3. BILLY VERYさん
    100ページくらいで、字が大きくて、とても読みやすいです。
    是非~

  4. benpiに近い感覚というのはよくわかりますな。
    出たときの恍惚感もまた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.