Coco avant Chanel
To me, Audrey Tautou will always be Amélie of “Le fabuleux destin d’Amélie Poulain”.(I think It isn’t only me) To others, coming, she will be Coco. So Coco Chanel.
I remember well Amélie… I saw this trailer in the cinema when I stayed away from work on the pretense of illness… The visuals and herself are very impacted me… I waked up ! I could not concentrate main movie because of trailer’s shock.

この女優さん(Audrey Tautouさん)は、いつまで経っても僕にとってはアメリーなんだよね。(という人多いと思う)
そしてこの春、新しい映画がやってきました。彼女がココになります。そう、ココ・シャネル。
僕は彼女の事をよく憶えている。 会社をずる休みして、映画館で時間を潰していた時に、あの映画の予告編を観たんです。その映画のビジュアルと彼女自身の魅力には衝撃を受けた。目が覚めた! お陰で本編の映画に全く集中できませんでした。(フランスに来て2年目の話)
※タイトル”Coco avant Chanel” ココがシャネルになる前という感じに訳そうかな?

2 thoughts on “アメリー will be “Coco avant Chanel”

  1. わたしも大好きな女優さんです
    たしかにいつまでもアメリかも(笑)
    新作楽しみだなっ
    ブランドにうとく、シャネルに詳しくないですが テヘッ

Leave a Reply

Your email address will not be published.