jaques geninjaques genin
今日もお歳暮の準備に追われる畠井です。

私は大阪人の大阪のおばちゃんに育てられたので贈り物は、「大きくて派手なものでなくてはいけん」というコンセプトが根強く、骨のずいまで染込んでる。しかしポストでお送りする事を考えたらどうしても小さくで軽いものにならざるえない。。。もちろん美味しいものでなくては、、、 と悩んでいたら、この2週間前に新しいショコラチエがパリにオープンしたばかりという情報を得て、早速試食をしに行ってきました。とてもシックな店構えと、ソリッドなメタルケースに入れられたカラフルなショコラ。もう完璧!!!(まだ日本にもお店がないのは重要~)

と、ととと奥から出てきた店員を見てお互い「おっ!」「あなたはタケオねぇ~」「アーチュールねぇ~(真似)」と、8年前ぶりの友人と再会できました。彼は僕の働いていたスタジオで、研修生をしていたアーチュール君。少し日本語が話せるので、いろいろ助けてくれたいい奴だ。この店もじきに日本進出だな~。

Jacques Genin
133 rue de Turenne, Paris 3ème
01 45 77 29 01

2 thoughts on “Arthur and Me アーチュールと私

  1.  中元・歳暮によく使われる、お海苔を思い出しました。
     あれ、派手さはありませんけど、缶入りにされて嵩高くなりますね。

  2. ウォトカさん
    石鹸とかも贈りますよね~。
    僕は自分がお菓子とかお酒が好きなのでこういうセレクトになってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.