スクワット SQUATスクワット SQUATスクワット SQUAT
スクワット SQUATスクワット SQUATスクワット SQUAT
I visited to SQUAT. SQUAT is the place where is occupied by someone… Someone is artistes. They live and work without permission at here. Now French government gave up and they approve artists.
I felt FREE but I don’t feel a desperate situation. I know more complex and miserable situation. I think that an artistic sense is invented from the severity in daily life. I think also artists need work in the society.

今日はスクワットを訪問した。スクワットとは不法占拠された場所の意。ここはアーティストが不法に住み着き、制作活動をしている。今や政府も容認してスペースを提供している。
とても自由に制作をしているのを感じた。ただ、切羽詰まったものを感じ取れはしなかった。もっと複雑で、悲惨な状況を知っている。芸術的感覚は、日常の厳しい状況の中で育まれるものだと思っている。ので、芸術家は現実社会の中で制作を続けなくてはいけないのではないだろうか?

スクワット SQUAT

2 thoughts on “SQUAT in Paris パリのスクワット

  1. では初コメです♪
    先日はお会いできて嬉しかったです。
    思わず声をかけてしまいました。
    スクワットは私には不思議空間でした。
    制作活動に集中出来る利点はありそうですね。
    これからもどうぞ仲良くお付き合い下さいませ。
    ブログ更新も楽しみにしています!では。

  2. chachatさん
    勇気なる書き込み(笑)ありがとうございます!
    声をかけていただいて、とても嬉しかったですよ。
    あれだけ多くの人がいますと、怠けにくいのかもしれませんね。
    僕は、あまり共同生活が苦手で、潔癖症なので難しいかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published.