PLAYBOY 1PLAYBOY 2
「殯の森」を観ました。 日本映画は仏語字幕がついているバージョンを観ます。 会話がごくごく少ない映画ですが、その分、間と関西弁のもつイントネーションで、心に触れるものがあるのでしょう。 仏語字幕で、それらを伝えきるのはとても難しいですね。
河瀬監督のトーンやルーツがよく現れた作品でした。
侯孝賢(ホウ・シャオ・シェン)監督がフランスを舞台にフランス語で作った「赤い風船の旅(Le Voyage Du Ballon Rouge)」が公開されます。写真は主演のジュリエット・ビノシュさん。
(こういう恍惚の表情がいい!!!!)
王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の「MY BLUEBERRY NIGHTS」は、初の英語映画。
自分のトーンやルーツを文化の違う人々に堂々と伝えている、このような作品を見るたびに勇気をいただいています。

4 thoughts on “ビノシュ命 Love Julliette Binoshe

  1. ポンヌフやショコラ、
    私もジュリエットビノシュが大好きです。

  2. コテツさん
    こんにちわ!
    僕は初めてパリに来たとき、ポンヌフに行きたくて行きたくて、、、よろこんで渡りました。 彼らが住んでいた丸いベンチもありました。
    でも、映画の橋は全編セットだったらしいですけどね。
    ポンヌフって直訳すると、新橋、、、ちょっとイメージ違いますね。

  3. ご無沙汰しています。
    ポンヌフって新橋なんですかぁ?
    でも酔っぱらいのサラリーマンはいませんよね。
    最近、訳あってケータイでMixiしているので、
    なかなかtakeoさんの日記が読めませんが、
    たまにPCで見ます。すいません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.