AgriAgri
サロン、毎年春と秋に、世界中から各人の最新作を持ち寄って集まり、たくさんの注文を聞いて、各地に散っていく。僕はそんなサロンにバイヤーでもなく、クリエーターでもないのに頻繁に足を運ぶ。もちろん、営業に行く。自分の気に入ったクリエーターを見つけて、コラボレーションの可能性を売り込むため。
今回のサロンで一際、僕の心を揺さぶったのが、日本からアクセサリーを持ってこられていたMさんのagri。幸運にも彼女の販促ツール全般を担当するクリエーターの方とコンタクトが取れ、印刷技術のノウハウのあれこれを伺う機会を得た。印刷の技術は僕にはまだまだ未開の領域。指先から感じ取れる感触は何といっても印刷の醍醐味ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.