20070617a_helvetica.jpg20070617b_helvetica.jpg20070617c_helvetica.jpg
1957年にデザインされたフォント ヘルベチカの50周年。 ヘルベチカ周辺のクリエーターたちのインタビューを交えたドキュメンタリー映画”Hervetica“が、各地で上映されていて、、、パリでの上映を見逃し、悔しがっている日曜日の朝。。。
仕方ないので、MODULATIONS という、エレクトロニク・ミュージックの歴史を追ったドキュメンタリーを見て過ごす。 Cinema for the Ear と副題がつく通り、 フューチャーされている音がスゴイ! オウテカなんて、初めてビジュアルで見ました。 テルミン博士もいた!

4 thoughts on “映画になったヘルベチカ Helvetica Film

  1. 書体は文化なんですねぇ。
    特にヘルベチカは、未来永劫の書体ですね。

  2. コテツさん
    実はあまり使ったこと無いんです。。。 一度は試してみるんですが、、、 でも、 ストレートでかっこいいと思っています。

  3. modulationsはDVD持ってます!
    モーグ博士、ジョン・ケージとかすごいメンツですよね!

  4. spike oneさん
    かっこいい構成になってますよね。
    こういうのの、HipHop版のドキュメンタリーも見たことあります。
    ちょっと、うる覚え。
    でも、音楽のシーンって、本当に画になります。 しびれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.