ネコ Cat
今日はわざわざスイスからプロデューサーの方が会いに来てくれました。美人だし感じもいい。礼儀も正しい。もちろん、面白い仕事があったらやらせてください。
東京で僕の仕事をプロデュースしてくれた方々は、とてもお金持ちで、感じもよかったなぁ~。札束持ってたな~。礼儀もそこそこよかった(笑)。
まだぺーぺーの、つかいっぱの頃、会社の人事から「畠井君は、DかPかどっちになっていくかな? でもDだろうな、でもPの方が儲かるんだけどな」と呟かれて、結局、儲からないDコースに、線路はしかれました。((注)業界ではない方に、PはProducerで、DはDirectorです。) 別に後悔へしてへんけどぉぉぉ~。 本当のプロデュースとは何か悩む4月!
ウゴウゴルーガは、90’s初頭、僕たちを魅了した番組。おきらくごくらく~。
今日は、尊敬するプロデューサー桜井郁子さんの対談記事を新鮮に読ませていただきました。
(あまりまとまりのない内容ですんまへんニャー。)

2 thoughts on “Who should be with ? 誰とつるむべきか?

  1. でもいまはもっと儲かる(かもしれない)Sでしょう?
    儲かりまっか?

  2. hyoueさん
    お久しぶりです!
    Sですね、あ、それ一番ダメです。
    いろんな方面から抜かれっぱなしです。(泣)

Leave a Reply

Your email address will not be published.