PEUGEOTPEUGEOT
I will 40 years old soon. How many peoples knows it in Paris.
I don’t have a memory of beginning 3 years of move to Paris. My life was as obstacle race. So I could not thinking to my life planning. Maybe I fall behind the same generation. To face 40 years old, I was holding fear… because of this reason.
Now, I am reading “The drum distance” of Haruki Murakami. It’s a n essay written when he tours round Greece & Italy from 37 to 40 years old. In this tours, He written a masterpice “Norwegian Wood”. It’s very old one, But I can link many ideas with him. I can start thinking to my next step.
Sometime… Do I also go out to travel in such a track ? My wife will dislike it.

もうすぐ40歳になる。パリで僕がそんな歳なのを知っているのは、何人いるだろう?
僕は、こちらに住んでから最初の3年くらいの記憶が、バッサリと抜け落ちている。障害物競走のような毎日だったので、自分の人生設計云々を考えている余裕など無かった。 ので、一般的社会人(そんなのが存在すればの話だが)から、少し遅れをとっている。そんな理由から40という数字に恐怖を抱いていた。
今、村上春樹さんの「遠い太鼓」というのを薦められて、読んでいます。 彼が37~40歳になる頃に、ギリシアやイタリアを旅行した際に書き綴った旅行のスケッチ。その旅行中に、あの名作「ノルウェーの森」も書かれた、そういう時代。もう古い本だけれども、自分の年齢や考えとリンクさせる事ができて、ちょっとはこの先の事も考えられそうです。
僕もいつかこんなボロいトラックで旅に出る事があるかな~? 奥さんは嫌がるだろうな~。

Leave a Reply

Your email address will not be published.