Animation, Murmur & Love

Doraemon ドラえもん

天気がとてもよいので、久しぶりに自転車のタイヤに空気を入れて、郵便局や銀行や買い物など雑用をさっと片付ける。 自転車で走るとよく判るのですが、パリの大きな石畳の道路が、どんどんアスファルトに張り替えられています。 石畳の表面をざっくりと削り取るモンスターマシンがあるんです。 走りやすく、タイヤの磨耗からくる公害も少ないのですが、あの石畳独特の風景や、音がなくなっていくのは寂しいです。 話は全く変わりますが、フランスではドラえもんは、放映されませんでした。 ですから知名度がとても低いです。 何でも、困ったらすぐにドラえもんの力を借りている、のび太くんの態度が教育上、とてもよくないそうです。 子供の教育に関するマスメディアの規制はとても厳しい国です。 その割りには盗みやひったくりが多いのですが、僕の自転車はドラえもんが守っています。

Animation, Design, Food, Music

About the third combination arrives 3合目くらい到着

なかなかクライアントのOKをいただけなかったのがキャラクターデザインでしたが、今日のミーティングで方向性が決定したようで、昨日の仮モデリング作業も無駄にはならなかった。  今日の段階でつまずくと、この後、とても大変になったはずなので、ひとまず安心。。。 手描きのスケッチと3Dモデルのギャップ感を埋めるのは難しいですね。 という事で、今日は、少し優雅な昼食を皆で。 明日は無事にオールスタッフのミーティングができます。 よかった。

Design, Murmur & Love

Though the Boot Camp succeeded ブートキャンプは成功したが、

自宅用に購入したiMacを土曜日の夜までかかって、会社でWindowsをインストールしたりする。(インテルマックにウィンドーズを共有させる事をブートキャンプという) 最初は、FAT32というフォーマットのままでいたら、うまくゆかず、NTFSにフォーマットし直してようやく完了。 途中は起動ディスクが出てこなくなったりして、焦る場面もあり、 この週末は家に持って帰って、ソフトが使えるようにしよう! と急いで箱詰めして、メトロに飛び乗る。 深夜に娘をお風呂に入れてから、 ワクワクしながらiMacをセッティング、、、と思いきや、何か足りない。。。。 なんと、電源ケーブルを会社に忘れてきてしまった。。。 ガーーーン(マックの起動音風)

Animation, Design

Petite Vacance プチバカンス

今週は、トマ君とユーゴ君が新しい仕事を手伝ってくれていて、とても速く進みました。 トマは形状をデザインして、ユーゴはそれを出来た端から、整理して、最終的なレンダリングのプロセスへ移行させています。 とても効率よくやっていて、さすがプロっとか思います。 いつもの事ですが、そのスピードに反して、お客さんの回答は少しゆっくりで、仕方ないので、少しプチバカンスでもとって、返事を待とうと言うことにしました。 僕はその隙に、新しいレンダリングサーバーを組み立てています。 デザイン画も書いています :) 写真左は、行きのセーヌ川、 右は帰りのセーヌ川。 バカンスの写真ではありません。 来年こそはバカンスへ旅立とう!

Animation

Overhaul オーバーホール

このShuttleという小さい筐体はとても気に入っていて、購入して2年になります。 この小さい中にQuad(Cpuが4つ)が入っています。 どうしても1台だけ電源不良なので、抱えて中国人電気街に行く。 平日のこれくらいの時間しか、こういうトラブルには対処してれないから、暑いけれども、行くしかない。 この店のCさんは、おそらく、パリで一番Shuttleに詳しいんじゃないでしょうか? いつもねずみ色のポロシャツとズボンでいて、何も飾り立てたところがない、親切なおじさんです。 帰りにあまりに暑いので、冷凍食品専門店PICARDでアイスをお土産に買って帰る。

Murmur & Love, Music

SPEAK LIKE A CHILD

娘(蒼空ちゃん 1ヶ月)の音楽教育のために、クラシック音楽などをプレゼントにいただいて、僕も喜んで聴いてはいたのですが、そろそろ退屈になってきて(笑)、何か他のものを探しに、中古のレコード屋へ行く。 ハービーハンコックやビルエバンスの古いジャズなんていいかもと思っていたのですが、たまたま入った「CROCODISC」という店は、ファンキーやレゲエの専門店。 「ビルエバンスはないけど、ファンキーなハービーはあるぜ~」と店のオヤジはどんどんお気に入りを聴かせてくれました。 おじさんのDJをそっちのけで、棚の中に、ブルーノートレーベルから発売されていた「SPEAK LIKE A CHILD」というのを発見。 タイトルもジャケットもいいので、買ってみました。 おじさんの面目もあるのでファンキーなのも一枚、お奨めされるがままに購入。 タイトル曲のSPEAK LIKE A CHILDはちょっとボサノバっぽく、フリューゲルホルン、バストロンボーン、アルトフルートのハーモニーもとてもよかったです。 HERBIE HANCOCK / SPEAK LIKE A CHILD

Animation, Design

Signature of Chinese character 漢字のサイン

ヨーロッパには印鑑というものがないので、個人のサインがとても重要になります。 僕は漢字のサインで普通に畠井武雄を書きますが、これが、けっこうウケルんです。 しかも、お客さんの前とかで、サササっと書きますと、「おーっ」と歓声が上がることもあります。 これから始まるプロジェクトの契約書がファックスで送られてきました。 今回は、アジア圏の顧客で、先方も漢字のサイン。 しかも、めちゃめちゃ達筆。。。 「おーっ」 と思ってしまった。

Design, Music

Flirtation to apple りんご殺人事件

12年ぶりにマッキントッシュを買おうとしています。 と言っても、マックのソフトウェアは一つも持っていないので、当面はWindowsとして使う事になります。 今日まで購入に踏み切れなかった理由は、「マックに入っているWindowsはどんなの?」「フランス語版なの?」「他の言語に入れ替え可能?」「キーボードはフレンチタッチ?」という事でした。 で今朝、知人からのメールで、Windowsはインストールされていない事が判明!!! すっきりしました。 これで何語でも好きに使えるんですね。 当時は、中古のPowerMacでしたが、40万円もしたな。 デザインが好きだったので、パリまで持ってきて大事にしています。 ビンテージマックとしては最後の傑作だと思います。 ※写真は、現在 Le Musée de la musique(音楽博物館)で催されています。 オールドシンセの展示。 筐体に使われている合板がとても気に入っています。

Food

Itineraires あんきも

奥さんの誕生日なので、今夜は早く切り上げて、美味しいもの三昧です。 ここは最近流行っているItineraires(古い意味では、旅日記)というレストラン。 今日は鮟鱇(あんこう)とあんきもをいただきました。 店のフロントは全て女性で、雰囲気はなかなかいいです。 歩いて、1分で下のようにセーヌに出るロケーションもよいです。 満腹。 Itineraires 5 rue de Pointoise 75005 Paris 01 46 33 60 11

Animation

Lucky Four

新規プロジェクトは、この2日間で、かなり進展できました。 時間がないので、まずはストーリーボードとキャラクター設定を確定させたいので、描き続けています。 その合間に、4人の新しいアニメーションアーティストとも面談できました。 しかも、4人とも素晴らしいナイスガイです。 僕は女性のスタッフにはどうしても甘くなるので、採用するのはほとんどが男性です。 男くさいです。