会社のトイレって魅惑的。だって、見ず知らずのお客さんとかが鍵とかしめちゃって、パンツとかおろしちゃう、、、そんな小さな空間。他にないですよね。
昨年から(と言うか、長い間)の念願だった、給湯器を取り付けました。実は、思い立って3日の間でそれが実現しました。
フランスの水道業界事情は、あまり素晴らしいとはお世辞にも言えず、故障や事故が多いのです。誰に頼んでいいのか全く判りません。。。でも、思い立って、よく通っている部品屋で「あなたたちは給湯器の工事とかしないの?」と聞くと、「俺たち部品売ってるだけなんで、工事とかしないよ。でもコイツはやってくれるよ。コイツ水道屋だから」と紹介してくれたトルコ人がこれまたとてもいい方だった。「俺っちは二代目だから、おやじが全部教えてくれたんだ」という彼は、作業の度々に、親父さんが教えてくれた教訓を唱えながら、黙々とその魅惑的空間トイレで作業をする。「定規で計ったら、ドリルで穴開ける前にもう一度計り直す!」とかそういう事を。
今日も雪が降っているけど、気分は暖かいです。へそくりが無くなってしまったので財布は寒い(笑

Leave a Reply

Your email address will not be published.