本年2020年は、本当に忘年会が必要なくらい忘れたい一年でした。
今日は、フランスでがんばって起業されて、コロナ禍をサバイブされている方にむけて、どうやってコロナウィルスの援助金を申請するのかを図解で紹介してみます。この9~11月にも援助金が出ています。

これは、フランス国税局(impots.gouv.fr)のページから申請する例です。
2019年に比べて50%未満の売り上げに下がっている企業が対象です。

他にも色々なファンドが立ち上がっていますので、もし、他にもいいアイデアがあったらメッセージを残していただきたいです。

2021年は、もう少し景気回復し希望ある年になることを祈っています!

国税局ホームページ https://www.impots.gouv.fr/portail/ にアクセス。
右上の個人用スペース(votre espace particulier)からログインします。
この際、個人の納税番号(Numéro Fiscal 13桁数字) とパスワードが必要です。

1) Messagirie sécurisée
2) Écrie
3) Je demande l’aider aux entreprises fragilisées par l’épidémie Covid-19

メッセージの中に予め申請用のレターが用意されています。
3) の会社への援助金の申請を選んで下さい。

4) 9月 10月 11月と3カ月間の援助金が出ていますので、申請されたい期間を選びます。

4) 会社の登録番号 SIRETを入力後 確認ボタン(Valider le SIRET)

5) ここではご自身の会社の業種を選択してください。
弊社の場合は、テレビ放送用のコンテンツの制作会社です。
この後の項目は、各業種によって若干の違いが出てきますのでご注意ください。

6) Type P 、公共施設での活動を行っていないにチェックしました。
7) 社員さん(CDD, CDI)の人数

8) 個人情報の入力
9) 2019年の同時期の売り上げが50%未満であること

10) 2019年度の売り上げ(Chiffre d’affaires) ※毎月の計算ができなかったので、月平均額で申請しました。
11) 2020年 申請月の売り上げ
12) 退職金受理者はその金額
13) 援助金の計算 Calculer l’aide ※自動的に計算してくれます。
14) 会社の銀行口座情報 口座名義 + IBAN + BIC

15)
16) 申請書に同意します。
17) 確認ボタン Valider で申請終了です!



Leave a Reply

Your email address will not be published.