Design, Murmur & Love

Ego dance

作品を創るとは自分のエゴとの葛藤ではあるが、そこには小さいエゴと大きいエゴがあるのをこの歳になってようやく気づいた。 パリから少し離れたパンタンというところに

Murmur & Love

K’s Ballet

Kのバレエ パリ市のとなりにムドン市は位置し、Kさんはそこのコンサルバトワール(音楽、バレエなどのプロ養成学校)で、クラシックバレエを教えている。彼女は日本人と中国人の血が流れていて、長くアメリカに住んでいたこともあり、日本語を流暢に話しますが、キャラクターはかなりすっとんでいます。どう見てもクラシックなバレエをやっている風ではないw が、1年くらい前に、ムドン市のそこで先生として選ばれ、初めての生徒たちの卒業公演が開かれることになりました。ムドン市はなだらかな斜面に形成されたような町で、会場となる芸術文化センターに到着するころにはヘトヘトで、おまけに遅刻をして3階の席に通された。そこは、なかなか立派なホール。中野サンプラザよりも大きいかもw! 小学生、中学生、高校生、大学生、、、それぞれの教室ごとに演目が披露されていく。小学生の出番が終わると彼女たちは僕らの後ろの席に流れて来て、先輩の演技を見る。お目当ての先輩が踊るときは黄色い声援を押し殺してキャーキャー言っている。 それは確かにクラシックなバレエだった。ただ少し違うところは、演技が終わった瞬間や、ちょっとした一礼が、いかにも普通の女の子なのである。そういうKさんの演出なんでしょう。小学生には小学生の、高校生には高校生なりの、その年頃にしか現せない活き活きとした普通の表情で、観客席にいるであろう両親に一礼したり、手をふったり、はたまた飛び上がったりしている。それがとても良い。 人間の演出とはこういうことなんだとと、しみじみ思った。感動するバレエだった。そして、こんなにたくさんのチュチュを来た子に囲まれたことないので、ちょっとバレエ萌えしましたw。