Animation, Music

Theme of marru

マアル 10周年アニバーサリー企画 第三弾 「素敵な言葉」篇 この言葉たちは、スタッフの方々が好きな言葉をそれぞれが選び、しょうぶ学園の郡山義一さんに書いてもらいました。 ここで特筆すべきは、文字でも、デザインでも、アニメでもなくて、音楽です!

Murmur & Love

2時間35分

初めて聴いたRCサクセションのアルバムはフォークだった。 ちょっとカッコよく言うとアンプラグド! 忌野清志郎はまだ化粧をしていなくてすっぴんで、おかっぱ頭だった。 そのファーストアルバムの第一曲目が「2時間35分」という、恋人どおしの夜の長電話の新記録、二人の愛が

Illustration, Music

Illustration by Yunico Uhiyama

内山ユニコさんから、イラストの原画が届きました。会社ができた時から、ずーーーっとやってきたテーマのリミックスの10枚目のカバーイラストです。https://soundcloud.com/lepivot/tracks/ 10曲できたら、レコードにしようと思っていたので、録音してみよう!

Design, Music

Romantic math

本年度、第三四半期の会計終了!!! フリーダム!!!何という開放感!!! 昔は会計アシスタントみたいな社員さんが手伝ってくれていましたが、今は自分で全部やっています。 やっていますと言っても、最終的にバランスシートを完成させて商工会議所に提出してくれているのは会計事務所です。 菓子折りの下に金貨が隠してあったり、ドラマチックなこともないのですが、

Murmur & Love, Music

Green Book

今日は週末に観た映画の話。 クラシック音楽をベースにした、ジャズ。 もしくは、ジャズのグルーブでクラシック音楽のフレームを超えたと書くのか? 1960年代に活躍した 黒人ピアニストのドン・シャーリー(Don Shirley)はそんな人。 音楽の図式的には

Murmur & Love

[:en]Chorus in the dining room[:ja]食堂でコーラス[:]

この6月で、小学校1年生の学期末になります。後1ヶ月で夏休み!
今夜は家族を招待してのコーラスの発表会がささやかに食堂で開催されました。
音楽の授業は週に1回しかないのですが、その出来栄えというか、エンターテイメント性に驚かされました。
まず、先生の選曲とアレンジが…

Animation, Design, Food, Murmur & Love, Music, Toy

ギター少年のように As a Guitar Boy

A Happy New Year !
I can’t play a guitar… But I wish re-start my design work as a junior high school student who had bought a guitar for the first time.
He loves the guitar purely. Without even studying, he’s always playing the guitar. And he get a…
新年明けましておめでとうございます。
僕はギターを弾くわけでもないのですが、エレキギターを買った中学生のように夜な夜な飽きもせず、勉強もせず、ギターのコードを憶えては、ちょっとしたラブソングを歌ってみたりする。。。そんな純粋でちょっと不真面目な感じ、もしくは動機が不純にギタリストを…

Murmur & Love, Music

Nostalgia Melody 懐メロデー

今日は幾何学的な花と木のデザインをイラストレーターでする。 今日は懐メロデーなので、ドリカム、フリッパーズギターをかける。 小沢健二復活ということで、彼のこの13年間のいろいろな書き物を読んでみる。 なかなか仕事に集中できたいい日でした。 今日の1曲、そして、もう一曲

Animation, Music

A letter from the Rock star ロックスターからの手紙

現在制作中の万博用の3分のビデオには、現地の音楽をよくアピールしつつ、現代的な仕上げを狙っています。 クアトロというのは、南米のギターです。 是非ともこの楽器を使って作曲して欲しいと念頭から言われていました。 ウクレレより少し大きく、クラシックギターよりも小ぶりなそのクアトロ。 僕は、クアトロをQuatroだと思っていましたがスペイン語なので、Cuatroと書きます。 制作中のトラックに是非とも生クアトロを!と思っていたら、現地のロックスターLさんが録音に参加してくれるという、親切なメールが直接送られてきた。 しかも、「もう弾いちゃったよ、どう思う?」 と、添付ファイルには、僕たちのビデオの上から、ジャカジャカ弾きすぎくらいに弾かれているQTが添付されていた。 さすがロックスターはこれくらいピースじゃないとね。 ビデオは、まだまだ制作中なので、もう一度、弾いてもらわなくてはいけません~でした。 よろしくね。

Animation, Design, Music

Latin musical workflow ラテン風仕事

テクノミュージックがとても好きなので、自分で楽曲も作れるときは(自分ではできないけど)、テクノミュージック的なものを作ります。 今回のクリップではラテンミュージックとテクノの融合です。 テクノの時は、作業の最初にフレーム単位で音のタイミングを割り出しますが、今回のラテンでは、そのようなことはなく、ラフ編集しながら、フレキシブルにタイミングを変えるようなやり方をしています。 ラテン風にスピリッツもイージーに。 そして楽しく。 どこで切って繋げても、それなりにグルーブをキープできます(←?)

Murmur & Love

Bill Evans ビル・エバンス

昨夜は仕事を早めに切り上げて、パリ15区の閑静な公園でピクニックをして夕ごはんを食べた。子供さんもいたので賑やいだ夜でした。食べ終わる頃には公園を追い出されたので、2次会にデザートを食べに近所のPさん宅へ移動。。 僕はこの家が好きだ。パリというよりはニューヨークの画家の家。間取りがとてもよく、そこかしこにご友人の画がかけられ、椅子やら何やら、部屋を埋める全てがいい。 ご自身の画が描かれたオリジナルのマグカップで飲んでるのはアメリカンコーヒー。その佇まいが良い。エスプレッソじゃないところがまた良い。 かかっている音楽は50年代のビル・エバンスの録音、、、なんともこじゃれてるんだが、何気ないのがPさんの魅力。 昔、3年間ほど、ヒッピー生活をしていたという事実を今夜明かした。そうか~そうだったのか~。 ※写真はビル・エバンスさんではありません(笑)