毎月第一日曜日は、国立の美術館が無料開放されますので、久方ぶりにオルセー美術館を訪れました。 オルセーは普段でも長蛇の列ができるくらい人気です。 でもベビーカーを押していますと、係員の方が別の入り口(団体客用)に案内してくれます。 とても親切で感謝しています。 ちょうど、ゴッホとゴーギャンの特別展示をやっていたので、とても感激。
2人の色はいつ見てもパンチがあります。 以前、ゴーギャンの絵をパントーンのチャートで照らし合わせたのですが、以外に地味な色でした。 組み合わせの妙なのでしょう。

話は変わりますが、昔、ここオルセーの時計台の裏側に、セーヌ川を眺められる小さいカフェで細長いテラスがあり、とても気に入った場所があったのですが、なくなっていました。 ちょっと残念でした。

2 thoughts on “Terrace disappeared 消えたテラス

  1.  今、ヴィンセントの弟テオの本を読んでいます。

     国外初の美術館がオルセーだったのですが、全てが複製や写真でない本物ばかりで、圧倒されたのか気持ち悪くなってしまいました。
     今なら、ゴッホを直視することが出来るでしょうか。

  2. ウォトカ さん
    全部が本物って、、、、そりゃそうだ。。。
    今ならもれなく、ゴッホを直視できます。 点数は少ないですが、、、 
    この特別展示のコーナーは、壁だ紫色だったり、ライトがきつかったりしてファンキーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.