子供が生まれてからか、自宅にたくさんの児童書があることに気づいた。子供が偶然にも本棚から引っ張りだしてくるそれらの本は、奥さんが小さいころに読んだものらしく、それを今でも大切にしている。
ひらがなばかりで読むのが難しいけれど、読み聞かせをする。その内容がなかなかよい。物語にでてくる動物や自然の風景の描写がとても暖かい。こんなにいいなら子供の時に読んでおいたらよかったなと思う。僕は残念ながら、読書が苦手だったし、家にそんなに面白い本があるような環境で育っていない。
先週末にそういう児童書の展示会があり、奥さんが何冊が気に入った復刻版の本や絵本を買ってきた。もちろん娘のためにも何冊かとアニメのDVD(写真右)を選んできた。このオバQのにせものみたいなのがなかなか可愛い。Lilla spöket Laban

1 thought on “The world of juvenile book that remains in child’s mind 子供の心に残る児童書の世界

Leave a Reply

Your email address will not be published.