Tracing Picasso ピカソをたどる


パリで行った初めての美術館は、オルセーだったかルーヴルだったか忘れましたが、大変に驚いたことが一つあります。 それは、画の前で「模写」をしている人が何人かいたことです。 模写と言ってもスケッチとかではなくて、大々的にカンバスを置いて油絵具で描いているんです。 絵具が画に飛んだりしないのかと心配するくらい近距離。 しかも上手い。 たぶんオルセーだったかな? モネの睡蓮でした。 確かにあの光の色は目の前で模写したくなる気持ちは判ります。 本当に美しいもの。
朝から、例のキュビスム時代の作品を何点かイラストレーターでトレースしてみました。 線情報だけを取り出すと、そのシルエットの起伏やデフォルメが強調され、ピカソの考えや目線に少し近づけたようにも思います。 どうにもつじつまがあってなくて、ぼんやりぼやかしているところもあったな(笑)

Leave a Reply